最新医療ニュース
医療関連の最新ニュースを配信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京屋外広告健保組合で漏えい

東京都内の屋外広告業者などでつくる「東京屋外広告ディスプレイ健康保険組合」(山口勝令理事長)で、被保険者の個人情報漏えいがあったとして、厚生労働省と関東信越厚生局は2日、漏えいに関与した常務理事について、健康保険法に基づく解任命令を出す方針を決めた。

楽天ニュース

医療機関の広告規制緩和、厚労省が指針

厚生労働省は病院や診療所が新聞やテレビなどに出す広告で、患者の平均待ち時間や病院の施設写真などが盛り込めるようにするガイドラインを作成した。これまで医療機関の広告には住所や医者の名前など限定的な情報しか出せなかったが、規制を緩和する。患者が医療機関を選ぶ際の情報を増やして、医療機関の質の向上を促す。

NIKKEI NET

久留米大病院でまた340人分流出 患者情報

久留米大病院(福岡県久留米市)の患者の個人情報が流出し、インターネットの掲示板に掲載されていた問題で、同大は27日、新たに340人分が流出し、別の掲示板に掲載されていたと発表した。19日に判明した前回の431人分も合わせて、27日までにすべて削除されているという。

西日本新聞

東京大学医学部附属病院 患者50人の個人情報紛失

東京大学医学部附属病院は16日、元非常勤医師のカバンが盗難に遭い、カバンの中に入っていた患者50人分の個人情報入りのUSBメモリを紛失したと発表した。当該USBメモリには、患者50人分の氏名、ID番号、性別、生年月日、診療日、手術名、病名、自宅の電話番号、担当医師名が入っていたという。


個人情報保護ポータルサイト「ぷらぽ」

島根大医学部付属病院がプライバシーマーク取得

島根大医学部付属病院(出雲市塩冶町)が、個人情報の取り扱いを適切に行う事業者に与えられる「プライバシーマーク」を島根、鳥取両県の医療機関で初めて取得した。全国の大学病院でも徳島大に次いで二例目。職員の情報管理意識を高め、患者が安心して受けられる医療サービスの向上につなげる狙い。

山陰中央新報

プロフィール

医療ニュース配信事務局

Author:医療ニュース配信事務局

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。