最新医療ニュース
医療関連の最新ニュースを配信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究室でハードディスク盗難=個人情報800人分記録-岡山大大学院医歯薬学総合研究科

岡山大は16日、岡山市鹿田町の同大大学院医歯薬学総合研究科の研究室で、パソコンのハードディスク(HD)が盗まれたと発表した。HDには延べ817人分の学生の氏名や番号などが記録されていたという。
 同大によると、11日に教員が出勤して研究室の鍵を開け、室内に入ったところ、引き出しが開いており、中にあったHDがなくなっていた。HDは前日には研究室にあるのが確認されているという。

時事ドットコム

スポンサーサイト

【HS財団】06年度「医療ニーズ展望」報告書をまとめる‐治療満足度・薬剤貢献が向上

ヒューマンサイエンス振興財団(HS財団)は、2006年度の国内基盤技術調査報告書「2015年の医療ニーズの展望II(分析編)」をまとめた。過去3回実施した約60疾患のアンケートを分析した結果、この10年間で治療満足度・薬剤貢献度は全般的に向上していることが分かった。また、糖尿病や認知症など重要5疾患の専門家へのヒアリング調査では、将来、ほとんどの疾患が増加すると予測され、早期発見・早期治療の重要性が強調される結果となった。

薬事日報

厚労省 地域医療に助言者派遣 医師不足対策、今夏にも

深刻な医師不足に悩む地域を支援するため、厚生労働省は10日、対策の在り方などを助言する「地域医療アドバイザー」を今夏にも都道府県に派遣することを決めた。医師確保のノウハウを持つ広域病院の経営者や、医療行政に詳しい学識経験者ら10人程度を同省が選任して委嘱。都道府県とともに問題解決に向けた取り組みを始める。


Sankei Web

名古屋掖済会病院 電子カルテを中核に病診連携や大規模災害対策を推進

名古屋西部地域の中核病院に位置付けられる名古屋掖済会(えきさいかい)病院。2005年に電子カルテ・システムを導入し,院内での効率化を実現した。さらに電子カルテの一部情報を周囲の診療所と共有することで,診療所との関係を緊密化。医療サービスの質向上を図っている。大規模災害に備え,電子カルテと位置情報を連動させる試みも2005年末から始めている。

IT Pro

個人情報をネットで管理 22年度にも実現へ

政府のIT戦略本部(本部長・安倍晋三首相)は5日、国民一人一人が自分の年金や医療などに関する情報をインターネットで一元的に管理し、活用できる「電子私書箱」構築を目指すなど、今後のIT戦略の総合政策を策定した。電子私書箱は平成22年ごろのサービス開始を想定している。

電子私書箱とは、医療機関や健康保険組合などに個別に管理されている自分の検診結果や保険資格などの情報を一目で把握できるようにするサービス。

Sankei Web

プロフィール

医療ニュース配信事務局

Author:医療ニュース配信事務局

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。